• Gary O. Haase

WHAT CAN A REGISTERED FOREIGN ATTORNEY DO FOR YOU? / 外国法事務弁護士がどのようにお客様のお役に立てるのか?


(日本語はこの英語の後に続きます / Japanese version follows the English)


Japan, like many jurisdictions, provides for the status of a “registered foreign attorney.”

This status allows an attorney, who is licensed outside Japan, to be a member of a local bar association in Japan, for the purpose of providing services related to the laws of the non-Japanese jurisdiction.


Registered foreign attorneys in Japan are also referred to as “gaikokuho jimu bengoshi” or “gaiben.”


Question:

If you are a business or an individual in Japan, and if you are presented with a legal matter that has some overseas aspect to it, why might you consider the engagement of a gaiben?


Answer:

Among other reasons, *Gaiben have satisfied, and must continue to satisfy, many licensing requirements both in their state of primary qualification and in Japan; *Gaiben must maintain their status as a member in good standing in their state of primary qualification, therefore gaiben are subject to continuing education and professional responsibility obligations both in their state of primary qualification and in Japan; *Complaints about a gaiben’s legal malpractice can be submitted to a local bar association in Japan, and disciplinary action taken in Japan may be adopted by the disciplinary authorities in the gaiben’s state of primary qualification; and *Gaiben are required to have the means to compensate clients in cases of legal malpractice.


In other words, gaiben provide legal services under a regulatory framework that is designed to help ensure the competency of practicing attorneys and protect the public from professional misconduct.  And when members of the public are seeking assistance with legal issues and choosing from among various legal service providers, some may appreciate the potential benefits of working with a local bar association member who is a product of this system.


In order to become certified as a gaiben in Japan, the typical candidate must meet the following standards: *Law License outside of Japan:  Be licensed to practice law, and be a member in good standing, in a foreign jurisdiction. *Experience as a Qualified Attorney:  Have engaged in the practice of law for several years in a foreign jurisdiction. *Favorable Discipline-Criminal History:  Have no serious disciplinary actions or criminal convictions. *Japanese Residence:  Have the ability to live in Japan in order to perform professional duties in a proper manner.  (Gaiben are required to stay in Japan for at least 180 days per year.) *Financial Solvency in Japan:  Have the ability to meet financial obligations in order to perform professional duties in a proper manner. *Malpractice Insurance in Japan:  Have sufficient professional liability insurance, or ability to qualify for other means, to adequately compensate clients harmed by the gaiben’s legal malpractice. *Approval of Three Japanese Screening Bodies:  Have obtained clearance from Japan’s Ministry of Justice (MOJ), the Japan Federation of Bar Associations (JFBA), and the local Japanese bar association covering the office location where the gaiben candidate intends to work (e.g., the Osaka Bar Association (OBA)). 


A gaiben in Japan is qualified to perform various acts, including: *Providing legal services associated with the laws of the state of primary qualification; *Becoming a partner or an owner in a Japanese law firm; *Representing parties in international arbitration proceedings; *Hiring Japanese attorneys (bengoshi) and other gaiben; *Establishing his or her own law office in Japan; and *Obtaining a special gaiben work visa that may allow the gaiben to live and work in Japan without a sponsor, and that may allow the gaiben to sponsor the work visas of others. 


According to the online attorney-search directory maintained by the JFBA, there are approximately 390 gaiben registered in Japan at the time of this writing.  The countries providing the largest number of gaiben are the United States, the United Kingdom, China, and Australia.  About 360 (or 90%) of Japan’s gaiben belong to bar associations in the Tokyo area.  Once you leave the Tokyo area, the gaiben population drops considerably.  The location with largest amount of gaiben after Tokyo’s 360 gaiben, is Osaka, where a total of 10 gaiben are members of the OBA.


Each gaiben must designate a foreign jurisdiction where the gaiben obtained their required years of law practice experience.  Of the roughly 390 gaiben in Japan, the two most popular U.S. jurisdictions are New York, the home jurisdiction of about 110 gaiben, and California, the home jurisdiction of about 50 gaiben.


Of the 10 gaiben who are members of the OBA, four (4) are registered with China, three (3) are registered with New York, one (1) is registered with Illinois, one (1) is registered with Paraguay, and one (1) is registered with California.


As a gaiben who works in Osaka, and who is a member of the State Bar of California and of the OBA: *I provide support (i) to Japanese individuals and businesses engaged in overseas activities, (ii) to the expatriate community in Japan, and (iii) to overseas parties who are interested in Japan; *I provide legal advice regarding California law, and the federal laws of the United States; *My practice areas include U.S. immigration law and business transactions; *I assist international couples who wish to move to the United States; *I advise about the formation, maintenance and dissolution of California business entities; *I draft, review and negotiate legal documents (e.g., licensing agreements); *I draw on my experience as an in-house counsel for a biotechnology company based in South San Francisco; *I conduct legal research; and *I use my legal training and native English language skills to support Japanese attorneys.


Sources for gaiben information: *Act on Special Measures concerning the Handling of Legal Services by Foreign Lawyers (Act No. 66 of 1986) (www.japaneselawtranslation.go.jp/) *The MOJ website (www.moj.go.jp/ENGLISH/information/gjb.html) *The JFBA website (www.nichibenren.or.jp/en/about/judicial_system/gaiben_info.html) *The OBA website (http://www.osakaben.or.jp/11-english/index.php) *Timothy J. Blanch and Daniel S. Potts, Practicing Law in a Foreign Jurisdiction: The Roles and Restrictions of Foreign Attorneys in Japan, Michigan International Lawyer, Volume XXIV, No. I, Winter 2012 *Personal experience 


​他国の多くの地域と同様に、日本にも「外国法事務弁護士制度」という制度があります。

この制度は、海外で弁護士の資格を有する者が日本弁護士連合会に会員登録し、原資格国法(弁護士資格を取得した国の法律)に関する法律事務を行うことができるものです。


このように日本弁護士連合会に登録している外国法を扱う弁護士は、「外国法事務弁護士」または、略して「外弁」と呼ばれています。


【質問】 

日本の企業や個人が海外に関係した法的案件を抱えた場合、外国法事務弁護士(以下、「外弁」という)に法務サービスの提供を依頼することを検討するべきなのはなぜですか。


【答え】 

理由はいろいろありますが、たとえば以下のようなものが挙げられるかと思います。 *外弁は、原資格国および日本の両方の国において、多くの資格要件を満たさなければなりません。また、登録後もそれらの要件を満たし続けなければなりません。 *外弁は、原資格国の弁護士会で「優良会員」であり続けることが求められます。したがって、外弁は原資格国および日本の両方の国において、弁護士向けの研修を継続的に受けなければなりません。つまり、両方の国の弁護士会に対して、専門家として責任を持って職務を遂行する義務を負っています。 *外弁に職務上の過誤があれば、その訴えを日本の弁護士会に申請することができます。そして、外弁が日本で受けた懲戒処分は、外弁の原資格国の懲罰委員会などにそのまま採用される可能性があります。 *外弁は、弁護過誤があった場合、依頼者に与えた損害を賠償する能力を有していなければなりません。


つまり、外弁は、弁護士としての能力を保証し、弁護士の不正行為から市民を守るために作られた規制の枠組みの中で、法務サービスを提供しなければならないのです。法的な問題についてサポートが必要になった場合、そのサポートをしてくれる法務サービス提供者(弁護士)を選ばなければなりませんが、上記のような制度の下に活動している外弁に依頼するメリットもあるかと思われます。


【外国法事務弁護士となるための資格要件】 日本で外弁として登録承認を受けるためには、次のような要件を満たしている必要があります。 *日本国外での弁護士資格: 外国で法律事務を行う資格を有し、その弁護士会で「優良会員」と保証されている。 *有資格弁護士としての経験: 外国で、ある一定の年数以上弁護士業務を行った経験がある。 *懲戒処分、犯罪歴などがない: これまでに重大な懲戒処分や刑事上の有罪判決を受けたことがない。 *日本での居住: 弁護士としての専門的業務を適切に行うため、日本に居住することができる(外弁は、一年のうち180日以上日本に滞在しなければならない)。 *日本で財産的基礎を有している: 弁護士としての専門的業務を適切に行うため、財政上の義務を履行することができる。 *日本で賠償責任保険に加入している: 外弁の弁護過誤によって依頼者に損害が生じた場合、きちんとその損害を賠償できるように、損害賠償保険に加入している。またはそれに準じた手段を有している。 *3つの審査機関からの承認が必要: 法務省・日本弁護士連合会・事務所を置く地域の弁護士会(例:大阪弁護士会など)から審査を受け承認を得ている。


【外国法事務弁護士として行える職務】 外弁は、以下のようなさまざまな業務を行うことができます。 *原資格国法に関連する法律事務を遂行する。 *日本の弁護士と共に法律事務所の経営者となる。 *国際仲裁手続きの代理人を務める。 *日本の弁護士および外弁を雇用する。 *日本で自分の法律事務所を開設する。 *保証人を必要としない、外弁を対象とした就労ビザを取得する(このビザでは、他者が就労ビザを取得する際に外弁が保証人になることも可能)。


【日本にいる外国法事務弁護士の数と内訳】 日本弁護士会がオンラインで提供する弁護士検索ディレクトリによると、この記事を書いている時点で、日本国内に約390名の外国法事務弁護士がいます。もっとも登録が多い国は、アメリカ合衆国、イギリス、中国、オーストラリアです。そして、日本の外国法事務弁護士約390名のうち、約360名(約90%)が東京の弁護士会に所属しています。東京を離れると、その数は一気に減ります。東京に次いで外弁の数が多いのは大阪で、10名の弁護士が大阪弁護士会に外弁として登録しています。


外弁は、自身が弁護士資格を取得し法務経験を積んだ国を指定しなければなりません。日本国内の約390名の外弁のうち、アメリカ合衆国だけを見ると、最も多いのがニューヨーク州(約110名)で、次いで多いのがカリフォルニア州(約50名)です。


大阪弁護士会会員の外弁10名の原資格国の内訳は次のとおりです(中国4名、米国ニューヨーク州3名、米国イリノイ州1名、パラグアイ1名、米国カリフォルニア州1名)。


【私が外弁としてできること】 大阪で働く外国法事務弁護士として、そしてカリフォルニア州弁護士会会員および大阪弁護士会会員として、私は以下のようなサービスを提供させていただきます。 *海外と取引をする個人のお客様または事業主の皆様、在日外国人の方々、あるいは、日本に興味関心を寄せる海外のお客様のお手伝いをさせていただきます。 *アメリカ合衆国連邦法およびカリフォルニア州法に関する案件に対して、法務アドバイスを提供いたします。 *主な取り扱い分野は、アメリカ移民法、国際商取引などです。 *アメリカに移住を希望している国際結婚カップルのお手伝いをいたします。 *カリフォルニア州での事業の立ち上げ、その事業の管理運営、休止・廃止手続きなどについてもアドバイスいたします。 *法務文書(ライセンス契約書など)の作成・チェックをいたします。また、その内容に関して相手方と交渉します。 *サウスサンフランシスコにあるバイオテクノロジー企業の企業内弁護士として勤務した経験を、法務サービスに役立てます。 *判例・法律の調査をいたします。 *アメリカでの法務経験と英語ネイティブとしての英語のスキルを生かして、日本人弁護士のお手伝いをします。


【参考リンク・文献など】 この記事は、以下の情報ソースを基に執筆いたしました。 *外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法施行規則 (http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S62/S62F03201000007.html) *法務省のウェブサイト(http://www.moj.go.jp/ONLINE/FOREIGNER/3-1.html) *日本弁護士連合会のウェブサイト(http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/membership/foreign/registered-foreign-lawyer.html) *大阪弁護士会のウェブサイト (http://www.osakaben.or.jp/index.php#info_area) *T. ブランチ&D. ポッツ著 Practicing Law in a Foreign Jurisdiction: The Roles and Restrictions of Foreign Attorneys in Japan, Michigan International Lawyer, Volume XXIV, No. I, Winter 2012 *私自身の経験から学んだこと 


Gary O. Haase is a California attorney and a registered foreign attorney in Japan (gaikokuho jimu bengoshi) at GOH Foreign Law Office in Osaka, Japan.  This article is for informational purposes only and not for the purpose of providing legal advice.  You should contact a qualified legal professional to obtain advice with respect to any particular issue.  The opinions expressed are those of the individual author and do not reflect the views or opinions of any government agency.


ゲーリー・ハーズは、米国カリフォルニア州の弁護士であり、また、外国法事務弁護士として、大阪に「GOH外国法事務弁護士事務所」を構えています。この記事は情報提供のみを目的としており、法的アドバイスを提供するものではありません。具体的な案件については、資格を有する法律の専門家に相談してください。ここに書かれた意見はあくまで筆者個人のものであり、いかなる行政機関の見解や意見を反映するものではありません。

3 Color Web.png
  • Facebook - Black Circle
  • LinkedIn - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© 2020 GOH Foreign Law Office. All rights reserved.

The information on our website and blog is for general information purposes only.

Nothing on this site should be taken as legal advice for any situation.

Viewing this information does not create an attorney-client relationship.