© 2019 GOH Foreign Law Office. All rights reserved.

このウェブサイトおよびブログに掲載されている内容は、あくまでも一般的な情報をお知らせするためのものです。
特定の状況に対する法律的なアドバイスでは決してありませんので、ご注意ください。
ここに掲載された情報を閲覧したからといって、当事務所とお客様との間に契約関係が発生したことにはなりません。

3 Color Web.png
  • Facebook - Black Circle
  • LinkedIn - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

資格・経歴など

弁護士資格

2014年―現在 大阪弁護士会登録 (外国法事務弁護士)
2005年―現在 米国連邦地方裁判所カリフォルニア州北部弁護士会登録

2004年―現在 米国カリフォルニア州弁護士会登録

 

大学での非常勤職

2017年―現在   大阪大学 法学部 非常勤講師

 

学歴

2003年 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ大学法科大学院にて法務博士(J.D.)を取得
1996年 Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages (CELTA) を取得
(※英国ケンブリッジ大学が認可する、英語を母語としない成人に英語を教える教授法の検定資格)

1993年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて英文学の学士号を取得

 

言語

英語 (ネイティブ・スピーカー)

日本語 (日本語能力試験レベルN3合格-2013年7月)

 

出版物・講演・ゲストスピーカー

会員探訪:外国法事務弁護士から見た大阪弁護士会、日本の司法

『月刊大阪弁護士会』 大阪弁護士会発行 2015年6月
「代理妊娠、不妊治療について」 市民サークル「英語自由自在」の英語セッションにて 
於:

京都リサーチパーク 2015年3月
「子供の親権、ハーグ条約について」 市民サークル「英語自由自在」の英語セッションにて 於:

京都リサーチパーク 2014年12月
Pursuing that Work-Life Balance: A California Lawyer in Japan” 雑誌 Valley Lawyer (p.14~p.15)

カリフォルニア州サンフェルナンド・バレー弁護士会発行  2014年6月
「法律に見る文化の違い~日本とカリフォルニアの場合~」 市民団体「オフィス・コン・ジュント」

の英語セッションにて 於:ガレリアかめおか 2013年8月

International Business Relations: Lawyers’ Guide to Japanese Culture, History and the Law” 雑誌 Valley Lawyer (p.18~p.23)

カリフォルニア州サンフェルナンド・バレー弁護士会発行  2011年4月

 

専門職協会・所属団体

2015年―現在 Japanese American Bar Association (JABA)
2014年―現在 大阪弁護士会国際委員会
2010年―現在 米国移民法弁護士会
2010年―2016年  サンフェルナンドバレー弁護士会
2009年―現在 カリフォルニア大学ロサンゼルス校ブルーイン 学校代表選手会
2004年―現在 米国弁護士会

2002年―現在 Phi Delta Phi 国際法科生協会

 

Avvoでゲーリーのプロフィールを確認する場合は、こちらをクリックしてください。(Avvoとは、弁護士を検索するウェブサイトで、弁護士の名簿やレビューが見られます。)

また、大阪弁護士会のサイトでゲーリーのプロフィールを確認する場合は、こちらをクリックしてください。

京都府に生まれ育つ。
 
大学院在学中を含めて、8年間アメリカ合衆国で暮らす。  カリフォルニア州で外国語教育の修士号を取得後、

アメリカの大学院、コミュニティーカレッジ、高校で日本語教師として教壇に立った。  英語力と海外在住の経験を生かして、クライアントのお手伝いができることを嬉しく思っている。
 
学歴
2004年5月  アメリカ合衆国のミドルベリー国際大学院モントレー校(旧「モントレー国際大学院」)

にて外国語教育(日本語)の修士号を取得
1998年3月  京都外国語大学にて日本語教育の学士号を取得
 
言語
日本語(ネイティブスピーカー)英語(リーディング・ライティング ・リスニング・スピーキング : 上級レベル)